室内改善.com

ペットのことを考えてフローリング対策をすることが大事です

フロアコーティングで知っておきたい情報

床

賢く施行を依頼するコツ

ペットと飼い主にメリットを運ぶフロアコーティング。施行するにあたって、価格相場や業者の選ぶポイントなどを事前に知っておきたいですよね。ここでは、フロアコーティングを賢く施行するための情報が満載ですよ。確認して、参考にしてみましょう。

READ MORE

新着情報

飼い主に聞いた!フローリングで発生する問題BEST3

no.1

足腰が悪くなる恐れがある

飼い主によると、フローリングの床だとペットの足腰が悪くなってしまうという問題が最も多いです。実は犬や猫にとってフローリングは滑る床となってしまい、それが原因で関節病になってしまう恐れがあります。元気に室内を走り回っているように見えても、実際は足腰に相当な負担をかけているのです。大切なペットの健康を守るために、フローリング対策を行なっている家庭はたくさんいるでしょう。

no.2

床に傷がつく

次にペットの爪でフローリングに傷がついてしまう問題もあります。小型犬だから大丈夫と思っていても、よく見てみたら小さな傷がたくさんついていたことも珍しくありません。大型犬の場合だと、余計に大きな傷がついてしまい目立ってしまいます。また、フローリングについた傷を放置していると劣化の原因にもなってしまうので、何か対策を考える必要がありますよ。

no.3

おしっこのシミがついてしまう

まだトイレの場所を覚えていない子犬や子猫がいると、フローリングにおしっこをしてしまう可能性が高いです。すぐに気づくことが出来たら、掃除をすることが出来ますが留守中におしっこをしてしまうと大変ですよね。掃除でおしっこと匂いを取ることは可能ですが、場合によってはシミがついてしまうことも。このように、ペットを飼っている家庭では、様々な悩みがあります。これらの問題をすぐ解決できる方法を探してみましょう。

フロアコーティングの魅力

動物

滑り止め効果でペットの健康を守る

フロアコーティングではペットと飼い主の双方に様々なメリットがあります。そこで、フロアコーティングの魅力について触れてみましょう。まず、フロアコーティングでは色々な種類があるので、滑り止め効果に優れているものを選択すれば滑る床のリスクが軽減されて、ペットが転びにくくなります。ペットが転びにくくなるということは、足腰の負担が解消されますよ。フローリングがペットの足腰に負担がかかる危険性を考えると、フロアコーティングは最適な対策法と言えるでしょう。

傷がつきにくく耐水性もばっちり

ペットが転びにくくなることだけがフロアコーティングの魅力ではありません。そのほかにも、フロアコーティングを施行することで傷がつきにくい丈夫な床にすることが出来ますよ。そのため、ペットが室内を元気に走り回っても傷がつくことがないです。それはフローリング剤によって床に厚い塗膜がついている状態になるので、床本体はダメージを受けることがありません。加えて、耐水性が高いコーティング剤ではおしっこをしてしまっても床に染み付く心配もないですよ。ずっと綺麗な状態を保つことが出来るでしょう。

安全面も考慮している

滑る心配もなく、綺麗な状態をずっと保てるフロアコーティングですが、安全性について不安に思う人もいるでしょう。ですが、安心してください。フロアコーティングで使用するコーティング剤は、すべて安全基準を満たしています。厳しい基準にクリアしたものだけを使用しているので、安全に使用することが出来るでしょう。ペットのみならず小さいお子様が床をなめてしまっても大丈夫ですよ。色々な魅力を持っており、安全にも問題がないフロアコーティングの施行を検討していきましょう。